株式会社プランオンはプランニングで企業を元気にします。

Web戦略メニュー

Web Strategy
株式会社プランオンWeb戦略メニューコンセプトワーク現状把握・商品分析

現状把握・商品分析

最初に商品の位置づけを検討・分析

商品分析の前に、製造元や提供元がどこなのか認識や問題ないかなど事前に把握しておくことが重要です。
ここでは、それらの商品を「どのように位置づけ」をして、「どのような対策が有効か」を検討していく分析になります。

「ライフサイクル」から商品を分析する

商品にはライフサイクルがあり、それらの商品を5ジャンルに分類を行い、Web戦略での対策を明確にします。

商品のライフサイクル
  • 成長商品
  • 成熟商品
  • 安定商品
  • 調整商品
  • 衰退商品

の5ジャンルになります。

01成長商品

「成長商品」は今後の市場次第ですが、強化するタイミングが重要になります。定期的に強化する時期を検討する必要があります。先に気づいていたのに、対策が遅れた…ということは多々発生しています。

02成熟商品

「成熟商品」は市場エリアの拡大以外は業績アップが見込めない商品となります。
したがって現状の情報に不足が無いかを確認し、情報発信を行います。

03安定商品

「安定商品」は主としてWeb戦略やWebサイト内の中心で扱い、ニーズも多く集客など強化していきます。
しかし、情報発信の対象者もある程度の知識をもっている商品となるので、機能や価格などの基本的な情報発信では、満足が得られないです。
求める対象者の「心理的な価値」を訴求していく事が必要です。

04衰退商品

「衰退商品」は、サイトに掲載をやめる方向で考えます。
Web戦略は「未来」を「決断」することが重要です。

05挑戦商品

「挑戦商品」は、専用に要素を凝縮したコンテンツを準備します。
ここだけ見れば分かりますよ!というコンテンツで、ランディングページ、LPとも言われます。ネット広告などを活用し、顧客に提案を行い、認知の拡大を図ります。

「売上や利益率」から商品を分析する

売上や利益率を意識して商品の位置づけを行う場合もあります。ビジネスや商品・サービスにおいて分類し易い方を用いていきます。

2大軸は、「売上」と「利益率」になります。

  • 売上  大小で分類
  • 利益率 大小で分類
新車販売中心で起こる課題

企業活動は、費用を使い売上を獲得し、お金を残す活動になります。
したがって利益率はビジネスで重要となってきます。しかし、利益の獲得できるにはタイミングも存在していきますので、収益を意識した商品毎の戦略が重要になると考えます。

商品によって特徴のある商品は、利益率は当然高くなっていきます。
その商品の売上アップが目指せる時期は、情報発信や認知を拡大する必要があります。
しかし、徐々に競合も出てくるので、今まで同じ情報発信では、価格競争に陥ってくるケースも考えられます。

プランオンでは、単に商品を掲載するのではなく、商品の状況を把握したWeb戦略を行っていきます。
戦略は、「違いをつくって市場とつなげる」ことです。

自社の集客媒体における運用・運営調査チェック資料ダウンロード

自社の集客媒体における運用・運営調査チェック資料ダウンロード

自社サイトの運用・運営状況のチェック表を無料でダウンロード

自社のWebサイトの運用・運営のチェックリスト資料

・企業活動における、Webサイト活用度チェック
・Webサイト運営 基本要件

各メディア別(チラシ・Webサイト・広告etc)で集客への投資を効果検証できるCPO調査表

・メディア別 CPO調査(費用対効果)表

Contactお問い合わせ

費用感を知りたい、今までの事例を見てみたい、ビジネスパートナーの可能性についてなど、
各種お問い合わせを受付ております。何でもお気軽にお問い合わせください。

お電話にてお問い合わせ

TEL.052-504-9900

メールにてお問い合わせ

各種お問い合わせ一覧へ

Copyright (C) Planon.co.jp All Rights Reserved.