Web戦略メニュー

Web Strategy
株式会社プランオンWeb戦略メニューコンセプトワーク現状把握・競合分析

現状把握・競合分析

ビジネス軸を把握する

Web戦略での競合分析は、「アクセス量」や「流入状況」、「流入キーワード」などを知ることになります。
しかし、Webマーケティング軸のみの調査をしただけでは、成果につながっていきません。

Webマーケティングはあくまでもネット活用しているユーザーを自社Webサイトに来訪させて来ることが目的になります。
来訪したときに、以下に魅力的な情報発信ができるようになっているが重要になります。

そこでプランオンでは、競合他社の「ビジネス特徴」や「強み」を知ることが重要になります。
自社のビジネスになっている特徴要素を「分解」し、競合と比較を行います。
もちろん競合の特徴や強みになっている部分を「分解」し、自社との力の違いを明確にします。
ビジネス要素を分解できるかが重要になります。
価格や納期などは一番分かり易い部分ですが、仕事のシンプルさ、導入し易すさ、利便性など様々な分解要素が出てきます。

マーケティング力の弱い会社は要素の分解に手間取る傾向があります。
慣れている会社は、頭の中で行ってしまい、抜けもれがでてくる傾向があります。

戦略的というと難しく専門的なことだと思いますが、シンプルに考えています。
プランオンでは、「戦略」とは「違いをつくって市場とつなげる」と認識しています。
違いを明確にするにも、まずはビジネスを分解できること、そして比較調査をすることが重要になります。

競合分析

当社の運営しているネット通販事業でもこの調査は頻繁に行います。

直接競合している会社や、領域の近い市場にいる競合、場合によっては自社より競争の激しい似た市場の状況も調査します。

競合との順位づけで1番になった要素が、顧客から見た魅力です。

Web戦略を把握する

Webにおいては、競合他社の「アクセス量」やどのような「検索キーワード」で集客を行っているかを把握することが重要になります。

競合アクセス比較

アクセスはどのようなルートか?

検索が多い状況であれば、検索キーワードの順位を把握する必要があります。
それらを自社で行って似た状況をつくる場合は、どの程度の時間が必要なのか?なども把握していかないといけないです。

検索キーワードはどれが主体になっているか?

成果につながる検索キーワードを把握できると、Webマーケティングがやり易くなります。

他社が気づいていない領域やキーワードが存在するか?

競合がいて対抗していくには、費用や時間が発生します。費用対効果も下がってきます。
自社が勝負できるニーズや検索キーワードが、ある場合は時間があまりかからない状況で成果に結びつけることが可能です。

基本的なWebマーケティングだけでも不足しますので、調査自体をそれぞれのビジネスに合わせて設計することが重要になります。

自社の集客媒体における運用・運営調査チェック資料ダウンロード

自社の集客媒体における運用・運営調査チェック資料ダウンロード

自社サイトの運用・運営状況のチェック表を無料でダウンロード

自社のWebサイトの運用・運営のチェックリスト資料

・企業活動における、Webサイト活用度チェック
・Webサイト運営 基本要件

各メディア別(チラシ・Webサイト・広告etc)で集客への投資を効果検証できるCPO調査表

・メディア別 CPO調査(費用対効果)表

Contactお問い合わせ

費用感を知りたい、今までの事例を見てみたい、ビジネスパートナーの可能性についてなど、
各種お問い合わせを受付ております。何でもお気軽にお問い合わせください。

お電話にてお問い合わせ

TEL.052-504-9900

メールにてお問い合わせ

各種お問い合わせ一覧へ

Copyright (C) Planon.co.jp All Rights Reserved.