事例・戦略手法

Works
株式会社プランオン事例・戦略手法Webソリューション戦略手法戦略的にウェブサイト構築をしましょう

戦略的にウェブサイト構築をしましょう

ウェブサイトの有効活用ができていますか?

単純に自社の情報を掲載するだけではうまくウェブを活用しているとは言えません。事前の戦略策定をしっかり行い、ユーザーが求めている情報と自社の得意領域をマッチさせる必要があります。

こんなこと、お困りではありませんか?

  • ウェブをうまく活用したいが、どうすればいいかわからない。
  • 今までの販促方法を改善したい。
  • ユーザーのニーズに合わせて情報を発信していきたい。
  • 現状のウェブサイトを見直したい。
  • 効率よく営業活動を行いたい。

ビジュアルにこだわるだけではダメ!事前の戦略立てが解決の糸口

(1)ビジュアルがいいサイト≠すぐれたサイト

ビジュアルがかっこいい、おしゃれなサイトは数多くあると思います。
ただし、それらが必ずしも「すぐれたサイト」とは言えません。

企業の立場から考える「すぐれたサイト」とは、「成果の上がるサイト」です。かっこいい、おしゃれはもちろんですが、実際に成果と結びつかなければただの自己満足です。
根本的な部分からウェブサイトの位置づけを考える必要があります。

(2)自社、競合、ユーザーの視点で分析する

成果の出るウェブサイトを構築するには、徹底した分析が必要です。
自社の強みは何か、競合他社がどういう活動を行っているか、そしてユーザーが求めているものは何か。

現状を分析し、課題を見つけ、ユーザーの求めている情報を的確につかみ、それらを踏まえたうえでどんなウェブサイトにするかを考える必要があります。

(1)ビジュアルがいいサイト≠すぐれたサイト

「ウェブサイトを構築することがゴール」ではなく、「ウェブを使って何を行うか」が最も重要です。

企業として今後どういったことに力を入れていくか、どうやって事業拡大を行っていくかなどの事業計画をまず前提とし、その上でウェブをどう活用するかを考える必要があります。

ウェブサイトとしての「あるべき姿」を描きながら、事業計画とマッチした戦略設計を行います。

戦略的にウェブサイト構築をしたケース

BtoCビジネス、「国産車カーディーラー」のケース。
メーカー作成のウェブサイトを今まで運用してきたが、自社の情報をもっとうまく発信していきたい、競合との差別化を行っていきたいという思いがあり、リニューアルを検討。

現サイトでの課題を洗い出し、改善点を考察したところ、まずユーザーが使いやすい、目的のページにたどり着きやすいウェブサイトにしないといけないことが判明。

車の購入、メンテナンス等の目的ごとに、必要な情報を適切に掲載し、その後の行動(お問い合わせ、予約など)へうまく誘引することにした。

プランオンがリニューアル検討前に支援する戦略手法

  • コンセプトワーク
  • 課題ヒアリング
  • 現状把握・競合分析
  • 現状把握・商品分析
  • 事業定義
  • 対象顧客定義
  • ビジネスプロセスマップ
  • ユーザー行動シナリオ
  • ブランディング
  • Webマーケティング調査
  • SEO・キーワード調査
  • 数値目標(KPI設定)
  • プロジェクト管理
  • Web戦略・EC戦略構築
  • SEO設計
  • 顧客接点設計
  • コンテンツ設計
  • 画面設計

Contactお問い合わせ

費用感を知りたい、今までの事例を見てみたい、ビジネスパートナーの可能性についてなど、
各種お問い合わせを受付ております。何でもお気軽にお問い合わせください。

お電話にてお問い合わせ

TEL.052-504-9900

メールにてお問い合わせ

各種お問い合わせ一覧へ

Copyright (C) Planon.co.jp All Rights Reserved.