事例・戦略手法

Works
株式会社プランオン事例・戦略手法戦略手法のノウハウ企業ブランド向上に必要なこと

企業ブランド向上に必要なこと

中小企業において、ブランド感がある企業は、「顧客」「仕入先」「情報」などが自然と集まる、内向きなサイクルが出来上がっています。
その状況を継続させることで、業績もあがり「資金」も順調となってきます。

そんな状態を「ブランド営業」ができていると考えます。

一方、外向きな状況は、「営業は訪問型」「情報も取りに行く」となると、経費も掛かってきてしまう状況が続きます。

ブランドを構成する要素

ブランドを構成する要素として、「ロゴ」「キャッチフレーズ」などが一般的ですが、最近では、CSやおもてなし活動の重要性が高い為、「人の動きもブランド要素」、としてとらえるケースも増えています。

まずは、自社は「何ができる」とブランド感を明確にしていきます。

そして日常活動の中で、対象相手に対して、「一貫性のある接触」をいかに意図的に、継続していくかを、計画していく必要があります。
そうすることで、選ばれる状況に近づけていきます。

ニーズが発生したときに、思いだしてもらえるかが重要

自社が顧客にしたい対象が、常に「購入」状況にあればいいのですが、そんな状況はほぼありません。

企業活動のなかで、課題・問題が発生したときに、発注者はソリューションを探します。
その状況を「ブランド再生」といいます。しかし、「ブランド再生」の量は「ブランド再認」より小さいのが普通です。

したがって、まずは、当社を知ってもらえる状況「ブランド再認」状況を多く作っていく事が必要です。

Contactお問い合わせ

費用感を知りたい、今までの事例を見てみたい、ビジネスパートナーの可能性についてなど、
各種お問い合わせを受付ております。何でもお気軽にお問い合わせください。

お電話にてお問い合わせ

TEL.052-504-9900

メールにてお問い合わせ

各種お問い合わせ一覧へ

Copyright (C) Planon.co.jp All Rights Reserved.