No1リサーチ お客様(対企業)に対し、高いインパクトをもつ「No.1」訴求をおすすめします。 No1リサーチ お客様(対企業)に対し、高いインパクトをもつ「No.1」訴求をおすすめします。 No1リサーチ お客様(対企業)に対し、高いインパクトをもつ「No.1」訴求をおすすめします。

こんなお悩みのある方にぴったり!

商品の訴求方法が分からない
競合に打ち勝つ方法が分からない
サービスの強みがうまく伝わらない
その悩みすべて解決いたします!!

自社の商品やサービスをユーザーに理解してもらえるもっとも効率的な表現!

ユーザーに信頼感を与えるNo1表記

日本人は「1位」という言葉に惹かれます。

  • Q.商品購⼊時に第1位の表⽰を参考にしますか?

    参考にすると回答したユーザー81%

    アンケートの結果、8割以上のユーザー(消費者)が、商品等購⼊時に「第1位」の表⽰を参考しています。またユーザーは、AとB二つの商品の購入検討時、心理的に「第1位」を訴求している商品を選ぶのです。

  • No.1表示の実態

※日本マーケティングリサーチ機構調べ。
■調査方法
No.1表示の実態を把握するため、公正取引委員会の消費者モニター(消費者取引適正化推進員194名)に依頼して、日常よく目にする表示の中からNo.1表示を行っているものを収集するとともに、No.1表示に対する一般消費者の認識を把握するため、消費者モニター(同193名)に対してアンケート調査を実施した。

第一位の表記が企業の信頼感UP商品の訴求力UPに繋がり顧客獲得へと導きます! 第一位の表記が企業の信頼感UP商品の訴求力UPに繋がり顧客獲得へと導きます!

当社、株式会社プランオンは日本マーケティングリサーチ機構「No.1リサーチ」の紹介パートナーです。

No1リサーチのご提案

EC・Webサイト商品、サービス至るまで、
ユーザー必ずをしています。
比較段階優位立つこと必須です!!

比較

貴社のサービスや商品を
「No.1」にしませんか?

『No.1リサーチ』は、客観性や公平性の高いインターネットリサーチを行い
貴社の「No.1」を証明するマーケティングサービスです。

各種媒体に自信をもって貴社がNo.1を謳っていただけます!!

日本マーケティングリサーチ機構No1リサーチロゴ
日本マーケティングリサーチ機構
国内最大手の日本マーケティングリサーチ機構による「No.1リサーチ」だから安心!!

インターネットサイトや電車の広告などで、「第1位」「No.1」などの表示を良く目にする事があると思います。
企業にとって自社商品の強みを「No.1」として打ち出すことは、自社商品をよりユーザーに理解してもらえる最も効率的な表現です。
日本マーケティングリサーチ機構による『No.1リサーチ』は、客観性や公平性の高いインターネットリサーチを行い、貴社の「No.1」を証明いたします。
それにより、各種媒体に自身を持って貴社が「No.1」を謳っていただくためのサービスです。

No1リサーチの3つのメリット

消費者とのマッチングに絶大な効果
イメージアップやブランディングの向上に
CVR・CTRの向上、他社との差別化

※CVR(Conversion Rate.)=コンバージョン率の略で、Webサイトへのアクセス数(ページビュー、またはユニークユーザー数)のうち、コンバージョン(商品購入や資料請求など、会員登録など)に至った割合を数値化したもの。
※CTR(Click Through Rate.)=クリックスルー率の略で、広告やコンテンツが表示された回数に対してどのくらいの割合でユーザーにクリックされたかを示す指標。インターネット広告やSEOでよく使われる。

当社、株式会社プランオンは日本マーケティングリサーチ機構「No.1リサーチ」の紹介パートナーです。

No1表記の活用具体例

Webサイトの活用例

  • EC運営サイトに活用

    提供元:万来.biz様
  • LPに活用

    提供元:自動車整備士転職サーチ(自社運営)

広告媒体の活用例

  • Line広告に活用

    提供元:自動車整備士転職サーチ(自社運営)

その他の活用例

  • 提案・企画書に活用

    提供元:自動車整備士転職サーチ(自社運営)

株式会社プランオンはNo.1リサーチを
ご提案するだけではありません!

企業はNo.1や強みを顧客に、
浸透させていく必要があります。

自社のイメージアップ

自社の表現力アップ

No.1ブランディング

企業に引力をつけ、明日の見通しを明るくする
ブランディングを実施していくことです。

企業に引力とは、自社の活動を常に外向けでなく、
自社に様々なものが寄ってくるように活動を変化させていくことです。

情報氾濫の今は、より正しく情報発信を実施していくことが不可欠となります。

資料請求
資料請求