事例・戦略手法

Works
株式会社プランオン事例・戦略手法カーディーラー戦略手法ビジネスの停滞が起こっていませんか?

ビジネスの停滞が起こっていませんか?

顧客開拓でビジネスを巻き返しませんか?

商品と同様に、ビジネスや顧客にも成長期、成熟期などのサイクルはあり、既存ビジネスの停滞はどのような業種でも起こりえます。

大切なのはそれを理解し、新たな顧客価値を生み出して顧客に提供することです。
まずは販促の仕組みを構築し、新たな顧客開拓を行える土台作りをしましょう。

こんなこと、お困りではありませんか?

  • 既存のビジネスがうまくいかなくなってきた。
  • 新たな顧客との接点を作りたい。
  • 顧客開拓をうまく仕組化したい。
  • 既存顧客のリピート率が低下してきた。
  • 営業効率を改善していきたい。

顧客の目線に立って戦略をたてませんか?

(1)自社の強みの棚卸が必要です。

新たな顧客を開拓するためには、自社の強みを再認識する必要があります。

自社の強みの棚卸を行い、競合他社と比較し、どのようなポイント・切り口で訴求していくかを考えることがまず大事です。
基本的な分析から今後の戦略設計を行います。

(2)強みのアウトプットは顧客目線で行う。

自社目線での強みは押し売りになりがちで、必ずしも顧客にとってのメリットと一致するとは限りません。

顧客にとってわかりやすく、響く内容に置き換えてアウトプットすることが必要です。

(3)時代に合わせたメディアを活用し新規見込顧客を集める。

テレアポや飛び込み営業などは労力もかかり、それのみで営業の効率を高めることは非常に困難です。

効率よく顧客開拓を行うためには、情報を求めている、課題を抱えている顧客が自ら探してくる「ウェブ」を活用することです。

顧客が検索窓に入力してくるキーワードをうまく予測し、求めている情報をきっちり届けることが重要になります。

ウェブを戦略的に導入したケース

BtoCビジネス、「国産カーディーラー」のケース。

既存管理客減少や販売台数減少に伴い、徐々に収益が停滞。新規顧客開拓を狙い、折り込みチラシやポスティング等のアナログツールの活用を行っていましたが、思っていたほどの成果が出ませんでした。
コストもかかり、より営業を効率的に行いたいと思い、ウェブを活用して新規顧客開拓に踏み切ったケースです。

まずどんなターゲットを集めたいか、どんな情報を届けたいかのヒアリングを行い、それらを顧客目線の価値に置き換えることから始めました。
伝えたいことを顧客メリットに置き換え、魅力的なコンテンツでページを構成し、ウェブ広告を活用して特設ページへ誘導します。

誘導に成功した顧客は、特設ページ内の問い合わせや商談予約フォームから実際の店舗へとスムーズに落とし込みます。
実際の店舗への誘導は顧客に「お店に来る理由づけ」を持たせることが効果的です。

ポイントは、どこまで行っても常に顧客目線であり続ける事です。
伝わらないメリットは顧客にとって「存在しないもの」になるからです。

Contactお問い合わせ

費用感を知りたい、今までの事例を見てみたい、ビジネスパートナーの可能性についてなど、
各種お問い合わせを受付ております。何でもお気軽にお問い合わせください。

お電話にてお問い合わせ

TEL.052-504-9900

メールにてお問い合わせ

各種お問い合わせ一覧へ

Copyright (C) Planon.co.jp All Rights Reserved.