事例・戦略手法

Works
株式会社プランオン事例・戦略手法戦略手法のノウハウどこから手をつければいいの?顧客開拓の改善順序

どこから手をつければいいの?顧客開拓の改善順序

マーケティング担当は、会社や店舗などから成果に対してのプレッシャーがかかる仕事です。

しかし、活動施策なども決定できるやりがいのある仕事でもあります。
マーケティング担当をしていると成果を求めるあまり、成功事例やテクニックを参考にしてしまいがちです。
成功事例はあくまでも他社の事であるので、自社にあてはまる可能性は極めて小さいです。
テクニックを求めても、局部的な対策であると成果のインパクトは弱くなってしまいます。

そういった場合で悩んだら、販促物の役割と目的を整理して改善に取り掛かりましょう。

販促ツールの役割

販促ツールには

  • 成約を促す
  • 商談を促す
  • 来店を促す
  • 問合せを促す
  • Webなどのアクセスを促す

など、5つの目的があります。

その目的と販促ツール活用がミスマッチになっていないかを良く把握していきます。
そして5つの目的のどこがボトルネックになっているのかを判断する事で、解決に糸口が見つかります。

改善順序は、「成約」に近い所からが鉄則です

商談中案件の成約率が、10%でしたら→15%に引き上げる。
100件商談であれば、10件→15件の成約となり、5件増となります。

成約率が10%のまま、WEBアクセスを増やしていっても、効率は上がっていきません。

良く聞く話ですが、「何件決まった!良かった」って話です。
現実はいつもよりたくさん商談していたかもしれません。
件数と獲得率の両方をみていく事で、より良い販促改善サイクルが回っていきます。
*ここでの成約率は、商談した人から成約した人の割合(獲得)としています。

Contactお問い合わせ

費用感を知りたい、今までの事例を見てみたい、ビジネスパートナーの可能性についてなど、
各種お問い合わせを受付ております。何でもお気軽にお問い合わせください。

お電話にてお問い合わせ

TEL.052-504-9900

メールにてお問い合わせ

各種お問い合わせ一覧へ

Copyright (C) Planon.co.jp All Rights Reserved.