株式会社プランオンは心動かすデジタルコミュニケーションを創造します。

事例・戦略手法

Works
株式会社プランオン事例・戦略手法カーディーラー戦略手法最新! カーディーラーのこれからの集客

最新! カーディーラーのこれからの集客

デジタルコミュニケーションを強化する

国産カーディーラーの販促活動は、
「商品(車)軸」から地域軸(店舗単位)に力の入れ方をシフトしています。

今までは、メーカーが製造した車で他メーカーや他チャネルと差別化をしてきましたが、今はどのメーカーの車を比較しても大きな差はほとんどありません。

車を購入する顧客も、「車の使用目的」「デザイン」「予算」などの比較はあるとしても、車に対する興味関心も下がってきている状況です。

顧客はどのような要素で車を購入する店舗を選択しているのでしょうか?
・「この車種が欲しい」からスタートし、
・「この店舗に行ってみたい」、
・「この営業スタッフから車を買いたい」、
・「この店舗・営業スタッフにメンテナンスを任せたい」
に変化をしていきます。

以前は納車引き渡しなどで自宅に訪問をして新型車の情報を伝えていました。

今では、
・「働き方改革」などの影響で残業が減っている
・会社の方針として訪問型営業から呼び込み型営業(来店型営業)
にシフトしているカーディーラーも多くあります。
そのため、営業スタッフと顧客の接点は減ってきています。
顧客がメンテナンスなど来店するメリットを感じなければ、他の業種などインターネットで情報を集め、自己判断をし、他にメリットのある業種や競合店舗へ行ってしまいます。

販促活動に変化が必要となり、冒頭のように「商品(車)軸」から「地域軸(店舗単位))への変化が必要になっています。

選んでもらうためには、その地域に住んでいる人たちはどのような人たちが多いのかを知る必要があります。

もちろんこれまでの経験や感覚で地域を理解している店舗やスタッフもいるでしょう。
しかし、調査などで収集したデータと答えあわせをすることで、今まで知らなかった地域特性が見えてきますので、新たな気づきと発見があります。

インターネットが普及と共に、顧客の購買行動もさらに変化しています。
デジタル広告はよりニーズの高い顧客に情報を発信することができるようになり、競合が自社より上手く情報を配信すれば、興味関心から競合店舗に訪問するキッカケにもなります。

より精度の高いデータなどを分析し活用した、デジタルコミュニケーションを構築していく必要があります。

商圏分析ソフトでは、
店舗商圏ごとで「ファミリーが多い地域」「一人暮らしが多い地域」「富裕層が多い地域」「転勤族が多い地域」などを調べます。

GPS分析では、
店舗商圏ごとで、指定の競合店舗などの、「来店頻度」「来店時間帯」「対象店舗間の流入・流出」などを調べることができます。

Webサイト分析では、
競合になるホームページのアクセス状況を調べることができます。
「流入キーワード」「インプレッション数」「ページ間の流入・流出」競合のホームページの状況を知ることができます。

これらのデータを分析したデジタルコミュニケーションを活用することによって、商圏に最適な店舗販促の実施が可能になってきています。

自社の集客媒体における運用・運営調査チェック資料ダウンロード

自社の集客媒体における運用・運営調査チェック資料ダウンロード

自社サイトの運用・運営状況のチェック表を無料でダウンロード

自社のWebサイトの運用・運営のチェックリスト資料

・企業活動における、Webサイト活用度チェック
・Webサイト運営 基本要件

各メディア別(チラシ・Webサイト・広告etc)で集客への投資を効果検証できるCPO調査表

・メディア別 CPO調査(費用対効果)表

Contactお問い合わせ

費用感を知りたい、今までの事例を見てみたい、ビジネスパートナーの可能性についてなど、
各種お問い合わせを受付ております。何でもお気軽にお問い合わせください。

お電話にてお問い合わせ

TEL.052-504-9900

メールにてお問い合わせ

各種お問い合わせ一覧へ

Copyright (C) Planon.co.jp All Rights Reserved.