事例・戦略手法

Works
株式会社プランオン事例・戦略手法カーディーラー戦略手法顧客開拓は仕組み化が大切です

顧客開拓は仕組み化が大切です

顧客開拓をうまく仕組化できていますか?

顧客開拓の課題として考えられるのはいかに効率よく行い、新規顧客開拓と管理客の守り切りをバランスよく行っていくかだと思います。
顧客に対しての活動、リピートの活動等、定期的に接触活動を行っていると思いますが、問題はそれをどうやって営業スタッフに依存しない方法に転換していくかです。
営業スタッフの力量に依存せず、販促をうまく仕組化することがポイントです。

こんなこと、お困りではありませんか?

  • 顧客管理がうまくできていない。
  • 新規顧客をうまく獲得したい。
  • 販促がその場しのぎになっている。
  • 効率よく販促を行いたい。
  • 営業スタッフに依存しない活動を行いたい。

実施プロセス

(1)課題分析と顧客ニーズの把握を徹底的に行う。

その場しのぎでない販促を行うには、現状の販促方法の見直しが必要です。
何がうまくいっていて、どこで滞っているかを分析し、課題点を顕在化させることが重要です。
そして自社目線での販促ではなく、顧客視点に立った販促を目指さなければなりません。

「この車はここがすごいんです。」ではなく、「この車を買ったらこんな未来が待っています。」という「顧客にとっての価値」を伝えることが本来の販促の役目になります。

(2)適切なタイミングに適切な情報を届ける。

情報は必要でない顧客に対しては、まったく「存在していないもの」と同様になってしまいます。

「存在していないもの」=無価値なものです。
「適切なタイミング」で「適切な顧客」に対して「適切な情報を」いかに伝えるかをポイントとして抑えることが必要です。

(3)ターゲットに合わせたメディア選定を行う。

メディアの特性に応じた情報発信を行うことで効率よく販促を行うことができます。

基本的にどのメディアにも特性があり、企画の目的やターゲットに対して適切なメディアがあります。
うまくメディアを相互に活用することで、より効果・効率のよい販促活動を行うことが可能です。

Contactお問い合わせ

費用感を知りたい、今までの事例を見てみたい、ビジネスパートナーの可能性についてなど、
各種お問い合わせを受付ております。何でもお気軽にお問い合わせください。

お電話にてお問い合わせ

TEL.052-504-9900

メールにてお問い合わせ

各種お問い合わせ一覧へ

Copyright (C) Planon.co.jp All Rights Reserved.