CONTENT MENUCLOSE

企画を探すWORKS

販促で成果を上げる上で必要なポイント「成果の全体像」を把握する

先ずは「成約(契約)」をゴールとしたお客さまの定義や、それぞれの現状を把握

自社ビジネスは、どのようにお客さまと関わりをもっているのか把握することが大切です。

  • 新規顧客とのビジネスがどれくらい?
  • 管理顧客とのビジネスがどれくらい?
  • 管理顧客の層別件数と率、その精度は?
  • 新車・中古車・サービスごとで管理すべき数値は?
  • 販促費の内訳は?

上記項目にはさらに詳細に分解された管理項目が存在し、より詳細な現状を把握することで、どこで成果を上げられるのか、低いのであれば是正すべき項目は何かを見分けることができますので、実行施策が具体的になり、結果的に販促の成果や効率化につながってきます

現状把握ができたら「目標(KPI)」設定へ

現状数値が今の姿ですので、次は「目標」の設定です。
会社の方針や方向性、戦略に基づき設定となりますが、この数値が曖昧ですと戦術(施策、活動)も曖昧となってしまい、成果以前に戦術が棚上げされ、途中でやめてしまったり、気づかないうちに何も行わなくなるケースは少なくありません。

また、急に成果を出すのは難しいため、ただ目標を立てるだけではなく、、、

  • 早く成果に繋がりやすい項目は?
  • 年代別や車種カテゴリー別での実施は?
  • LTVに重要な点車検、メンテパック、保険なども目標を設定

「目標(KPI)」から強化する項目、その優先順位を立てる

目標は目的達成に向けた「指標」となりますが、成果に繋がるまでのスピード感(期間)は項目ごとで異なります。
「前年120%」のような根拠が見えづらい目標ではありませんので、どの目標を強化すれば、どこの成果に繋がるのかなど優先順位と体制を整えていきましょう。

項目に対して充てられるコスト(人・モノ・金・時間)が現実的に難しい項目については、モチベーションが落ち気味となりますので、中間目標を立てるなどのプロセスの段階ごとの目標を作るのがポイントです。
無理無駄のある目標は、モチベーション低下に繋がりますので注意が必要です。

まとめ

この目標一覧を本部だけでなく、全社で把握することで取り組むべき項目と必要性を掴むことができます。
また、業界や競合他社との比較ができますと、強化すべきポイントがより明確になってきますので、細かく設定されておられないようでしたら、是非実践してみてください。
(この目標設定シートを作ることが目的にならないようにしましょう!)

この「目標管理シート(KPI管理表)」をご要望の方は、『案件のご依頼/ご相談』よりお申込みください。

自社の集客媒体における運用・運営調査チェック資料ダウンロード

自社の集客媒体における運用・運営調査チェック資料ダウンロード

自社サイトの運用・運営状況のチェック表を無料でダウンロード

自社のWebサイトの運用・運営のチェックリスト資料

・企業活動における、Webサイト活用度チェック
・Webサイト運営 基本要件

各メディア別(チラシ・Webサイト・広告etc)で集客への投資を効果検証できるCPO調査表

・メディア別 CPO調査(費用対効果)表

No.1リサーチ
Googleマイビジネス集客サポート
カイクラ
自動車整備士転職サーチ
お役立ち資料無料プレゼント
お問合せ・ご相談

ご相談・案件のご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

各種資料請求

各種取り扱いサービスの資料をご請求いただけます。