CONTENT MENUCLOSE

企画を探すWORKS

カーディーラーサイトのコンテンツを充実させるには?

なぜコンテンツを充実させる必要があるのか?

なぜコンテンツを充実させる必要があるのか?

一般的な業種と異なり、カーディーラーサイトはメーカーが異なるだけで必要な情報はほぼ同一で、カテゴリーとしては新車、中古車、店舗情報、サービス、会社情報が揃っていればサイトとしての体裁はある程度整います。

問題は、もともとカーディーラーのサイト自体を成り立たせるために必要な情報量が多いため、それらをそろえて整備するだけである程度情報が充実した感覚となり満足してしまうということです。

情報が過剰にあふれている現在、情報整備されているのは大前提で、ユーザーに求められている情報を察知してこちらから提供していく必要があります。
コンテンツの充実をもって、他社に先駆けて選ばれる理由を形成していきましょう。

今あるコンテンツを把握する

今あるコンテンツを把握する

コンテンツを充実させ、増やしていくための大前提として、今あるWebサイトの内容を正確に把握する必要があります。

というのも、Webサイトは平面の紙媒体と異なり立体的に捉える事が重要で、入っているコンテンツ同士の関連付けを行い、高い回遊性を考慮して組んでいくことが重要なためです。

せっかくのいいコンテンツも適切なタイミングで閲覧させることができなければ全く無意味なものになってしまいます。
また、同じようなことが重複して存在したり、逆に全く異なる内容が記載されていると、見ているユーザーが混乱する要因にもなりえます。
それらを防ぐためにも、まずは一旦自社のWebサイトをしっかり見直しましょう。

整理された情報から一歩踏み込んだ考察を行う

ユーザーの行動プロセスや段階で、求めている情報や悩んでいることは異なります。

例えば新車購入の場合でも、車種を選ぶ段階の人と既に決まっている人では求めている情報が異なるのではないでしょうか?
どの段階のユーザーがページを訪れているか、訪れるだろうかをイメージすることで、一歩踏み込んだコンテンツを考察することが可能となります。

普段自分がWebサイトをどのように使っているかを参考にすることで、より具体的なアイデアが浮かぶことも多いです。
まずはユーザーの行動プロセスを分解して、その時に求められている情報が何かを洗い出しましょう。

アフターサービスの情報を拡充させる

意外とこのあたりのアイデアが抜け落ちていることが多いです。
代替えサイクルが長期化しているため、購入後の定期点検、サービス入庫はどの販売店も重要課題の一つとしてあげています。
にもかかわらず、Webサイトにおけるサービス情報の内容は新車の二の次になり、必要最低限の情報しか掲載されていません。

カー用品店などは日常の細かなメンテナンスや季節毎のおすすめ商品など、非常に情報が充実しています。
正規ディーラーだからこそ、任せて安心という部分はありますが、もはやそれだけを売りにしていてはユーザーの入庫は望めません。
しっかりとWebサイト上でもコンテンツとして用意し、適切なタイミングで提案していく必要があります。

まとめ

いきなりどんなコンテンツを作ればいいかと悩むのではなく、まずはユーザーの立場や目線で一度自社のWebサイトを見てみてはいかがでしょうか?

自分がそのサービスを受けるにあたって知りたいことやもっとこうしてほしい!というポイントが出てくるはずです。
その上で企業としてのアピールポイントと結び付けて、ユーザーにとってのメリットになる情報の打ち出し方とコンテンツを考えましょう。
もしユーザー心理に基づいたWeb戦略、コンテンツ設計にお悩みの場合は是非一度ご相談ください。

自社の集客媒体における運用・運営調査チェック資料ダウンロード

自社の集客媒体における運用・運営調査チェック資料ダウンロード

自社サイトの運用・運営状況のチェック表を無料でダウンロード

自社のWebサイトの運用・運営のチェックリスト資料

・企業活動における、Webサイト活用度チェック
・Webサイト運営 基本要件

各メディア別(チラシ・Webサイト・広告etc)で集客への投資を効果検証できるCPO調査表

・メディア別 CPO調査(費用対効果)表

Googleマイビジネス集客サポート
カイクラ
自動車整備士転職サーチ
お役立ち資料無料プレゼント
お問合せ・ご相談

ご相談・案件のご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

各種資料請求

各種取り扱いサービスの資料をご請求いただけます。