CONTENT MENUCLOSE

企画を探すWORKS

トヨタ販売店のWebサイト差別化ポイントは?

担当者を悩ませるWeb運用

Webサイト差別化

全車種併売化をスタートしたトヨタ販売店では、県内のシェア争いでますます競争が激しくなっています。
そんな中、担当者の頭を悩ませる大きな要因となっているのは、Webサイトの運用ではないでしょうか?

トヨタは各販売店に共通のWebシステムを提供しており、車種情報の改廃や情報更新のしやすさなど、利用する販売店側にもメリットは当然あります。
反面、同一のシステムを使用している販売店ではページレイアウトやビジュアルなどがほぼ同様の物になってしまい、どこも似たようなページ構成になってしまいます。

ただでさえ併売化によってチャネルの特徴がなくなったのに、Webサイトまで特徴をなくしてしまい、どう差別化していけばいいのでしょうか?
今、カーディーラーにはより高度な情報発信が求められています。

情報整備をゴールにしないこと

IT機器が普及した現在において、周りには情報が過剰にあふれています。ユーザーはあふれる情報を取捨選択し、必要なものを選んでいる状況です。

知りたい情報があることはごく当たり前のことで、それに対して価値を感じることは少なくなっているのではないでしょうか?
カーディーラーのWebサイトでは、必要最低限の情報は整備されている状態ですが、それ以上のことはあまり掲載されていないことが多いです。
これからの時代は、顕在化されたニーズに応えるだけでは不十分だと言えます。

Webサイトも接客と捉える

Webサイトも接客と捉える

店舗来店時において、お客様からの質問や要望事項に適切に応えることだけが、営業スタッフに求められていることでしょうか?

車の購入であればメンテナンスパスポートや割賦、保険など、付帯収益となる様々なサービスの提案を行うはずです。

Webサイトでも店舗と同様に接客と捉えて、それに伴う情報整備とプラスアルファの提案が必要となってきます。
またそれは一方的な提案ではなく、あくまでユーザーのニーズに沿った、適切な提案でなければいけません。

ユーザーの行動導線なども踏まえた上での情報発信が、Webサイト上での接客において重要になります。

検索エンジンにも評価されるWebサイトを作る

検索エンジンにも評価されるWebサイトを作る

Webサイト運用の課題として、自社サイトを検索の上位に表示させたい、という内容をよく伺います。
俗にいうSEO対策と言われるものです。

検索順位は現実で言う店舗の立地にあたるもののため、順位によってアクセス数が大きく変わることは間違いありません。
SEOの順位を上げるためには、単純にコンテンツや情報量を増やせばいいというわけではなく、大切なことは検索エンジンの評価を上げることです。

検索エンジンに対して、コンテンツ内のキーワードが検索ユーザーにとって有益な内容であると認められることで評価が上がり、検索順位が上がる傾向があります。
つまりは、ユーザーにとって必要な情報をどうコンテンツとして用意するかが重要であるということです。

検索テクノロジーの変化にも順応し、評価の高いページを量産することが結果的にユーザーの満足度を高めることにつながります。

まとめ

基本的な設計部分が共通となっている以上、Webサイトの運用方法で競合間の差が出やすくなっていることは間違いありません。
特にWeb上では同県内の販売店だけでなく、全国の同業他社が検索上競合となるため、より過酷な競争が行われます。
その中で選ばれるためには、よりユーザーに寄り添った情報発信でWeb上での顧客体験価値を高める必要があります。

プランオンでは、ユーザー視点でのコンテンツ設計や検索対策を行い、より成果の上げられるWebサイト運用・構築を提供しています。
Web差別化に困っているご担当者様は是非一度ご相談ください。

自社の集客媒体における運用・運営調査チェック資料ダウンロード

自社の集客媒体における運用・運営調査チェック資料ダウンロード

自社サイトの運用・運営状況のチェック表を無料でダウンロード

自社のWebサイトの運用・運営のチェックリスト資料

・企業活動における、Webサイト活用度チェック
・Webサイト運営 基本要件

各メディア別(チラシ・Webサイト・広告etc)で集客への投資を効果検証できるCPO調査表

・メディア別 CPO調査(費用対効果)表

Googleマイビジネス集客サポート
カイクラ
自動車整備士転職サーチ
お役立ち資料無料プレゼント
お問合せ・ご相談

ご相談・案件のご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

各種資料請求

各種取り扱いサービスの資料をご請求いただけます。